About Us > 沿革・歴史

沿革・歴史

サクラファインテックジャパンの誕生と歴史
 
 サクラ精機はラボラトリー関連事業において、1986年米国に「サクラファインテックUSA」を設立、1993年欧州に「サクラファインテックヨーロッパ」を設立し、そして、1995年米国マイルス社(バイエル・ダイアグノスティックス社)から病理・細胞診事業を買収、次いでグローバル展開を推進してまいりました。
 さらに、2001年10月にはラボラトリー分野を分社独立させ、「サクラファインテックジャパン」を設立しました。
 日本においての新社設立は、単に日本の市場からの要求に応えるためだけでなく、世界市場をターゲットとしたサクララボラトリー分野のグローバル化をますます推進することを目的としています。最大市場である米国に開発や生産工場を有する本社機能を設立し、日・米・欧3極相互協力による真のグローバル化を追求してまいります。同時に私たちは、豊富な経験と幅広い視野を持ち、病理・細胞診検査に関わる高品質な商品とサービスを提供するトータルサプライヤーとしてお客さまに貢献することを目指します。

 
1871 「サクラ精機(サクラファインテックジャパン)」の起源。
1883 松本儀兵衛、日本橋区本町に独立開業(医療器械の専業)。
1901 「合資会社い しや松本器械店」を設立。
1907 櫻(さくら・サクラ)の商標、商標法により登録。

 
1914 日本初の国産顕微鏡
エム・カテラの製造・販売開始
1917 「合資会社松本製造所」設立。
1934 「合資会社松本製造所」を「合資会社千代田製造所」と改称。
1947 終戦後の東京本社完成。営業再開
1949 千代田光学、日本最初の位相差顕微鏡完成。
 
1960 本社ビル完成。
1962 「サクラ精機株式会社」と社名変更。
1970 アムスコ社との業務提携、政府認可。
1971 マイルス・三共とティシュー・テック製品の販売提携。


 
1983 新本社ビル竣工。
1983 スウェーデン・メドスキャンド社と自動封入装置について技術提携。
1986 米国現地法人、サクラファインテックUSA設立。
1992 第一回サクラ病理学セミナー(京都)。
1993 サクラヨーロッパ駐在事務所を開設(オランダ・ライデン市)、1994年現地法人に改組。
1995 米国バイエル社の病理・細胞診断検査装置事業を買収、世界戦略を強化拡充。
1998 アメリカ現地法人サクラファインテックUSA新社屋完成。
2000 サクラファインテックUSA開発・製造所社屋完成(第二期工事)
2001 「サクラファインテックジャパン株式会社」を設立。