About Us > サクラ病理技術賞

サクラ病理技術賞  

 

   より良い未来を創る、礎となりたい。 
『サクラ病理技術賞』趣旨  


 病理学的検査・技術に関する活動を支援する独自の報奨制度として、2008年に創設された『サクラ病理技術賞』の受賞者も第13回をもって37名、3団体となりました。

 医療が目まぐるしい進化を遂げていく中、病理診断はますます重要性を増し、病理検査業務全般に対して様々な要件が求められています。病理検査技師の皆様におかれましては、ゲノム医療に代表される先進的治療や標準化による安全管理や、AI など従来の標本作製技術の枠に収まらない新しい技術への対応により業務量が増大し、さらに昨年来の新型コロナウイルス感染症への対応も重なったことで大変厳しい環境に置かれていることと存じます。私ども病理関連企業としましても、タイムリーな情報提供をおこなうため、より一層の努力が必要となっております。

 このような状況下ではございますが、サクラ病理技術賞は「病理診断分野における技術の伝承と進展への貢献」のため従来の活動を継続し、今年度も公募を行うことといたしました。本賞が病理検査業務の課題に取り組む皆様お一人お一人のモチベーションの一つとなり、これからも20年、30年と病理技術の発展を支える皆様とともに歩んでいくことができましたら幸いです。

 サクラ病理技術賞は、病理技術のフィールドから生命と健康に貢献する、そのような志を持った皆様のご応募をお待ちしております。

 
【対 象】
  1. 病埋細胞診における標本作製技術の探究(研究論文)
  2. 学術研究以外の幅広い活動・研究
    ①日常業務での技術・知識の向上
    ②後進技師の育成・標本作製技術の伝承
    ③地域医療への顕著な貢献
     
【対象者】
病理(病理組織および細胞診)標本作製を主たる業務としている方、または病理標本作製技術や病理検査室業務への貢献をめざして活動している研究者・技術者、あるいはこれらの団体
※国家資格の有無は問いません。なお医師および歯科医師は含みません。
 
【応 募】
  • 応募に関する書類は規定の用紙をご使用ださい。
    (サクラファインテックジャパンWebサイトの応募要領ページよりダウンロードしてご使用ください)
  • 応募要領はこちらのページでご確認ください。
  • 必ず施設長の同意ならびに推薦者による推薦を得て下記事務局へ提出してください。
 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町 2-31-1 浜町センタービル
 サクラファインテックジャパン株式会社 内
 サクラ病理技術賞事務局 椎名博之 宛
 TEL 03-5643-2632
 
【選 考】
サクラ病理技術賞選考機構から任命された選考委員(非公開)


 

                           
サクラ病理技術賞』に関するお問い合わせ
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-31-1
浜町センタービル
TEL.03-5643-2630 FAX.03-5643-3383
またはこちらよりお問い合わせください。