About Us > サクラ病理技術賞

サクラ病理技術賞

 


 

より良い未来を創る、礎となりたい。 
 『サクラ病理技術賞』趣旨  

病理学的検査・技術に関する活動を支援する独自の報奨制度として、2008年に創設された『サクラ病理技術賞』も設立から10年を超え、受賞者は第12回をもって36名、3団体となりました。第9回から導入いたしました自薦による公募制度も皆様のご理解のもと、幅広く浸透してきております。受賞をきっかけに全国または各地域における講演や研修会でのワークショップなど活躍の場が大きく拡がり、また受賞者間で新しいネットワークが出来、そこから新たな活動が始まるなど、まさにサクラ病理技術賞の目的である『病理診断分野における技術の伝承と進展への貢献』につながっているものと自負しています。

医療が目まぐるしい進化を遂げていく中、病理診断はますます重要性を増し、病理検査業務全般に対して様々な要件が求められています。これに呼応すべく、このたび募集を行う第13回よりサクラ病理技術賞の表彰対象を拡大し、ゲノム医療に代表される先進的治療や標準化による安全管理、AIなどの新しい技術導入についての成果や功績も対象とすることにいたしました。このようにサクラ病理技術賞は時代の要請に応じた見直しを実施しております。本賞が病理検査業務の課題に取り組む皆様お一人お一人のモチベーションの一つとして、これからも20年、30年と病理技術の発展を支える皆様とともに歩んでいけたら幸いです。

サクラ病理技術賞は、病理技術のフィールドから生命と健康に貢献する、そのような志を持った皆様のご応募をお待ちしております。

 
【対 象】
  1. 病埋細胞診における標本作製技術の探求(研究論文)
  2. 学術研究以外の幅広い活動・研究
    ①日常業務での技術・知識の向上
    ②後進技師の育成・標本作製技術の伝承
    ③地域医療への顕著な貢献
     
【対象者】
病理(病理組織および細胞診)標本作製を主たる業務としている方、または病理標本作製技術や病理検査室業務への貢献をめざして活動している研究者・技術者、あるいはこれらの団体
※国家資格の有無は問いません。なお医師および歯科医師は含みません。
【応 募】
  • 応募に関する書類は規定の用紙をご使用ださい。
    (サクラファインテックジャパンWebサイトの応募要領ページよりダウンロードしてご使用ください)
  • 応募要領はこちらのページでご確認ください。
  • 必ず施設長の同意ならびに推薦者による推薦を得て下記事務局へ提出してください。
 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町 2-31-1 浜町センタービル
 サクラファインテックジャパン株式会社 内
 サクラ病理技術賞事務局 椎名博之 宛
 TEL 03-5643-2632
 
【選 考】
サクラ病理技術賞選考機構から任命された選考委員(非公開)
 

※公募期間(2020年10月20日~2021年1月15日)


 
 
サクラ病理技術賞』に関するお問い合わせ
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-31-1
浜町センタービル
TEL.03-5643-2630 FAX.03-5643-3383
またはこちらよりお問い合わせください。