education > 標本道場

標本道場

監修 この度、標本道場の監修を担当させていただくことになりました。標本道場は病理のmethodologyを主目的としていますが、その内容は病理技術のみならず病理診断(病理検査)ならびに病理標本作製工程の意義、細胞診の診断ポイントおよび染色理論などと多岐に及んでいます。
どんなにすぐれたデ-タでも、しっかりとした技術力がなければそれは砂上の楼閣にしかすぎません。本標本道場が少しでも皆様の参考になり、サクラファインテックジャパンホームページが広く情報交換の場となれば幸いです。そして標本道場が日本のpathology発展に寄与し、一人でも多くの病む人のためになることができればこの上もありません。
標本道場 編集委員会 代表

「標本道場」は、よりよい標本作製のために必要な「技術」と「知恵」を、第一線で活躍される著名な先生方にご執筆いただいているものです。
単なる知識ではなく、教科書とも一味違う、経験に裏打ちされた新しいノウハウ提供の場とさせていただいております。 病理に関わる多くの方々に幅広くご活用いただければ幸いです。

いまさら聞けない標本作製

病理技術に関する基礎知識や知っていると役に立つワンポイントをご提供しております。

知って便利な病理技術

「こうすれば便利だった」「こうすれば時間短縮ができる」といった各施設の技術に着目

キーワード検索
カテゴリー検索
レベル検索
複数ワードで検索する際には、必ず半角スペースで区切ってご入力ください