education > Histo-Logic® Japan

学術情報誌
「Histo-Logic® Japan」

2018年 No.1(Vol.46)
2018年度号
定価800円(消費税抜き)

<<back      
がんゲノム医療と病理学の将来
がんゲノム医療と病理学の将来
一般社団法人 日本病理学会理事長
東京医科歯科大学 包括病理学教授
北川 昌伸
座談会:
これからの女性病理医
-私たちの“働き方改革”-
順天堂大学医学部附属練馬病院病理診断科
小倉 加奈子
坂口 亜寿美
芦澤 かりん
發知 詩織
病理部門のISO15189認定取得にあたって
-コンサルタントの立場から-
つくばi-Laboratory 有限責任事業組合
ISO 15189 支援センター 1)
NPO法人つくば臨床検査
教育・研究センター 2)
三浦 隆雄 1)
佐野 道孝 1)
奥田 勲 1)
鈴木 悦 1)2)
分子病理学の技術:
マクロダイセクションと細胞診検体の利用 -遺伝子検査の実際-

愛知県がんセンター中央病院 臨床検査部
遺伝子病理検査科
柴田 典子

平成30年病理診断診療報酬改定詳説
東京大学大学院医学系研究科
次世代病理情報連携学講座
佐々木 毅
病理技術:
イメージング質量顕微鏡について

株式会社 島津製作所 分析計測事業部
緒方 是嗣
山本 卓志

毒性病理専門家認定制度と
日本毒性病理学会の将来構想

日本毒性病理学会 理事長
東京農業大学 応用生物科学部
食品安全健康学科 教授
中江 大

第10回サクラ病理技術賞
奨励賞 受賞者の紹介
綾部市立病院 臨床検査科
山口 直則
新人賞 受賞者の紹介
山梨県立中央病院 検査部
雨宮 健司
コラム
病理学の未来はいかに?
大阪大学大学院 医学系研究科病理学 教授
仲野 徹
 
 
キーワード検索

複数ワードで検索する際には、必ず半角スペースで区切ってご入力ください