education > Histo-Logic® Japan

学術情報誌
「Histo-Logic® Japan」

Vol.47 No.1
2019年度号
定価800円(消費税抜き)

<<back      
分子病理診断 これからの展望と課題
分子病理診断 これからの展望と課題
~がんゲノム医療における分子病理専門医の役割をめぐって~
国立がん研究センター
先端医療開発センター長
落合 淳志
病理検査室と人工知能(AI)
京都大学大学院医学研究科附属
総合解剖センター
吉澤 明彦
座談会:
病理検査技師の現状とこれからの展望
~タスク・シフティングの推進とがんゲノム医療の中で~
大阪大学大学院医学系研究科
病態病理学・病理診断科 教授
森井 英一

京都大学医学部附属病院
病理部 技師長
白波瀬 浩幸

公益財団法人 がん研究会 がん研究所
病理部/分子標的病理プロジェクト
馬場 郷子

神戸大学医学部附属病院
病理部・病理診断科
吉田 美帆
改正医療法と病理検査精度管理
一般社団法人
日本臨床衛生検査技師会
滝野 寿
第11回サクラ病理技術賞
奨励賞 受賞者の紹介
東京慈恵会医科大学葛飾医療センター
病院病理部
梅澤 敬
 
東京都医学総合研究所
神経病理解析室
関 絵里香
新人賞 受賞者の紹介
呉医療センター・中国がんセンター
病理診断科
(現 神戸大学医学部附属病院 病理部)
吉田 美帆
松本賞 受賞者の紹介
がん研究会 がん研有明病院
臨床病理センター
小松 京子
臓器チップ(Organ-on-a-Chip)システムの開発
名古屋市立大学
大学院薬学研究科
坡下 真大
松永 民秀
コラム
人工関節の右膝で再びピッチに立った日

Jリーグ 大宮アルディージャ
クラブアンバサダー
塚本 泰史

 
 
キーワード検索

複数ワードで検索する際には、必ず半角スペースで区切ってご入力ください