news > 商品についてのお知らせ > 病理診断の標本作製等で使用する化学物質(試薬)の取り扱いに関する注意事項

病理診断の標本作製等で使用する化学物質(試薬)の取り扱いに関する注意事項

2017/11/24

「ご存知ですか? 化学物質
(試薬)に関する法規制」


クリックでPDFが開きます
(全2ページ、2MB)

クリックでPDFが開きます
(全2ページ、2MB)

 
化学物質(試薬)の取り扱いにおいて、火災等の事故が発生する事例が報告されています。つきましては、病理診断の標本作製等で化学物質(試薬)を使用する弊社装置のご使用に際し、正しく化学物質の取り扱いに関する注意事項をご理解いただく為、お客様方へ配布するリーフレットを作成し、情報提供を行うことと致しました。
 化学物質(試薬)の取り扱いには、有害性や危険性を理解するための専門的な知識を必要とします。化学物質(試薬)は、取り扱いによって重篤な健康障害と火災等の事故をもたらす恐れがありますので、労働安全衛生法や消防法などの法律、および国や地域の規則に従って、適切にお取り扱いいただくようお願い申し上げます。