news > プレスリリース > 20180130ニュース

全世界で新しい
CI(コーポレート・アイデンティティ)を導入
― “Think global, act local” group mission
実現に向けて ―
 

2018/01/30

 病理検査機器・器材のトータルサプライヤー、サクラファインテックジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長兼社長:石塚悟)は、このたび新しいCI(コーポレートアイデンティティ)を導入することをお知らせいたします。これにより、全世界でサクラファインテックグループのCIを統一いたします。
 
 がんの診断や治療における革新は、世界で同時に目覚ましいスピードで進行しております。サクラファインテックグループ(サクラファインテックUSA・サクラファインテックヨーロッパ・サクラファインテックジャパン)は、「がん診断を進展させる」というgroup missionの実現に向けてGlobalで取り組んでおり、“Think global, act local”を合言葉に、世界各地のお客さまにソリューションを提供しております。

 missionの実現には「transformation=自己変革」こそが必要と考え、サクラファインテックグループでは、その姿をより印象づけるため、新しいCIに基づいたVisual Identityを全世界で導入するに至りました。そしてサクラファインテックジャパンでは、私たちのmissionは“すべてのお客さまと共に実現するものである”ことを一貫したメッセージとしてお客さまにお伝えしてまいります。
※本プレスリリースはこの新しいCIに基づき作成しております。
 

Sakura finetek group mission
クラス最高のイノベーション、品質およびお客さまへの配慮を通じて、病理と患者さまのための一体化されたソリューション(商品、アプリケーション、サービス)を提供することで、がん診断を進展させる

■新CI導入計画
第1弾:学会展示ブース、商品カタログ等の販促資材、名刺・封筒など、新デザインを導入いたします(一部先行して導入済み)。

第2弾:2018年4月に、ホームページのリニューアル(世界統一デザイン)、総合カタログの発行を予定しております。
 

■新CIのイメージカラー 『サクラファインテックブルー』『サクラファインテックレッド』がメインカラーとなります。

■新CIを構成するデザイン要素
①サクラロゴマーク(変更なし)
 

従来から使用されているサクラファインテックグループの署名であり、最も重要なアイデンティティ・マークです。
サクラの日本における400年以上の歴史と実績を表しています。
“サクラファインテックレッド”で表記されます。
 
②サクラファインテックストリーム
 
サクラロゴマークの花びらから象られた曲線で、新しいCIのvisualの中心となる存在です。
サクラファインテックグループの未来における挑戦を表現しています。
新鮮で革新的なイメージである“サクラファインテックブルー”で表現されます。
 

③Brand promise

continuous innovation for pathology
(病理のための継続的なイノベーション)
 

■新CIデザイン導入実例
○展示ブース
サクラファインテックグループの“Brand promise(ブランドの約束)”であり、病理分野における私たちのvisionを表すメッセージです。
サクラロゴマークと同じく、“サクラファインテックレッド”で表記されます。


 

 

商品カタログ類

 

 
※デザインは変更される可能性が
ございます。