products > 環境対策 > CBGリサイクラー > 財団法人 東京顕微鏡院 様

財団法人 東京顕微鏡院 様
商品名:CBGリサイクラー
型式:SLR10

アルコール使用量が多いほど実感できるリサイクル効果


ユーザーインタビュー

細胞病理診断科のみなさま
石井先生(前列右)
  思った以上にアルコールが回収できているので、経費削減効果は期待以上です。今までは固定用アルコールを濾過して新しいアルコールを足しながら使用していました。この方法だとアルコールの劣化も心配でしたが蒸留装置があれば再生アルコールを固定用アルコールとして使えるので安心です。
 
 

導入前・導入理由

組織検体(1,600件)より細胞診検体数(61,000件)が多く、検体は95%エタノール入りの容器にて回収しています。そのためアルコールの使用量は非常に多く、コスト節減のためにCBGリサイクラーを導入しました。

 

運用方法および効果

     主に細胞診検査での固定や染色系列で使用するアルコールをリサイクルしています。また、固定包埋装置や染色系列のキシレンもリサイクルしています。
 装置は連続運転が可能なので、キシレン処理の後、続けてアルコールを処理するなど1日2回以上処理しています。
 運用効果は、導入前後にてアルコール購入量=75%削減、キシレン購入量=73%削減できています。

 


 


財団法人 東京顕微鏡院 細胞病理診断科
 
施設概要 (組織病理・細胞診関連)
細胞病理診断科は細胞診専門医2名、病理医2名、細胞検査士9名で構成されています。 年間検体数は婦人科検体50,000件、呼吸器検体11,000件です。
 

ご施設からの自己紹介
財団法人東京顕微鏡院は1891年に細菌学者遠山椿吉博士により設立された東京顕微鏡検査所が発祥です。民間機関として、官の制約や援助を受けることなく、自らの力で活動しています。  公衆衛生の向上に資することによって国民の福利に寄与するという創業者の精神に基づき、「すべての人びとのいのちと環境のために」という基本理念のもとに、人びとの健康の保持・増進と生活環境の向上・改善に努力してまいりました。2003年同財団の保健医療部門が分離独立して設立された、医療法人社団「こころとからだの元氣プラザ」と共に当財団では食と環境の「安全」と「安心」のための事業、臨床医学検査事業、公益事業を柱として、21世紀を展望したより質の高い事業を展開して参ります。