news > プレスリリース > 20190927ニュース

「第12回サクラ病理技術賞」 公募開始について

2019/09/27

病理検査機器・器材のトータルサプライヤー、サクラファインテックジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長兼CEO:石塚悟)が創設した「サクラ病理技術賞」について、第12回の公募を開始いたします。

募集期間:2019年10月1日(火)から2020年1月10日(金)(当日消印有効)

「サクラ病理技術賞」は、病理学的検査・技術に関するさまざまな活動を支援するため、病理技術者やその団体、研究者を対象として、学術研究のみならず地域活動や後進育成など幅広い活動の中から特に優れた成果を挙げられた方々を表彰する独自の報奨制度として2008年に創設されました。本賞の意義をさらに広く知っていただくため、第9回より、自薦による公募制度を導入し、選考対象となる候補者を募集しております。具体的には、候補者が自己の研究・活動内容をまとめたものを作成し、候補者の施設長の同意を受けて申し込みを行うことになります。

選考に関しては、「全国大学病院病理部技術者連絡会*」内に設置された「サクラ病理技術賞選考機構」が選出した選考委員(非公開)による公正な審議を経て受賞者を決定いたします。

なお、公募の詳細につきましては、サクラファインテックジャパン株式会社のWebサイトにてお知らせする予定です。

病理診断の認知の高まりとともに、臨床や患者さまのニーズも高くなりつつある今日、病理標本作製の発展的な未来に向けて挑戦を続けるサクラファインテックジャパン株式会社は、この賞を通じて病理技術に携わる方々への長期的な支援・貢献を続けてまいります。

 

 

*全国の大学病院及び研究所付属病院病理部の病理検査業務の管理・運営及び研究等に関する問題を討議し、その充実・発展を図ると共に施設相互の親睦を図る事を目的とした団体。
会長:広島大学病院 診療支援部 小川勝成氏