About Us > サクラ病理技術賞 > 第3回サクラ病理技術賞受賞者の声
 
 
第3回サクラ病理技術賞受賞者の声


鈴木孝夫
昭和大学横浜市北部病院 病理部


不肖私がこのような栄えある賞を受賞させて頂き、身に余る光栄と大変感謝しております。今回は、組織細胞化学における様々な技術的検討、高感度で汎用性の高い蛍光抗体法多重染色(改良法)の開発、技師会の病理検査研究班役員としての活動、免疫組織細胞化学を中心とした病理技術の伝承などが評価されての受賞ということで、これに奢ることなく、今後とも微力ながら病理技術の発展・普及に寄与できるよう日々精進していく所存です。

 

佐々木政臣
大阪市立大学医学部附属病院 病理部


このたびは、栄えある賞を頂き、厚く御礼申し上げます。日常業務の中で、一寸した工夫や閃き、或いは失敗などがもたらす結果や現象を追求し思考することで、新しい染色法や手技が開発されることがあります。それを自分なりに科学的論文にまとめ、客観性、再現性を持たせることは病理技術者としての喜び(醍醐味)だと考えています。今回、そうしたことが評価され受賞に至ったことは大変光栄に思います。

 

奨励賞

加藤智行
浜松医科大学附属病院 病理部


奨励賞を受賞させていただきありがとうございます。際立った業績も無い私ではありますが、業務改善や病理医との共同作業による静岡県精度管理や若手技師の育成等、云わば地域に密着した活動を評価頂き受賞となったのだと思います。 私と同じように地域に密着し活動している技師の方々の励みになれば幸いであります。今後も仲間を集い地区・地域の枠を越え更なる活動をしていきたいと考えています。

 

松本賞

廣井禎之
防衛医科大学校 臨床検査医学講座


この度の受賞を大変光栄に思います。病理技術は全ての病理診断、そして病理学的研究の基盤と感じています。 私の一歩は技術面、すなわち病理・細胞診標本から病理学を支えることからはじまりました。それら技術を基に特殊染色を駆使しての生命現象解明、病理学的研究を始め、そして自然に組織化学、分子病理学的研究に着手しました。現在では学生教育及び海外への技術支援も行っております。松本会長のこつこつ、地道にという言葉を胸にこれからも少しずつ仕事を積み重ねて行きたいと思います。


 
 
『サクラ病理技術賞』に関するお問い合わせ
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-31-1
浜町センタービル
TEL:03-5643-2630 FAX:03-5643-3383
またはこちらよりお問い合せください