サポート 学術 FAQ 標本道場 サクラ文書館 会社概要 商品説明 櫻倶楽部
 HOME > 会社概要 > プレスリリース > 病理診断をご存じですか? > グループ企業 > 会長挨拶 > What's SFJ/企業理念 > ヴィジョン&カルチャー > 透明性ガイドライン > 社員の声 > 沿革・歴史 > 環境活動 > MAP

 


 SFJは単に商品を供給するだけではなく、その商品をより効率的に、効果的にご利用いただき、より質の高い標本作製と病理診断を実現していただくために、アプリケーションや技術情報などの提供を行う総合サポート体制をより強固なものにし、病理検査におけるトータルソリューションプロバイダーを目指していきます。
 また、SFJは社員一人ひとりの目が輝いてこそ企業が輝くものであると信じ、現在の病理分野でのトップポジションをよりいっそう強固なものとするとともに、心の通い合う企業を築き上げていくつもりです。



1)パートナー企業との関係強化、海外ビジネス拡大


2)現状ポジションの更なる向上


3)社員の成長、そして人の心を大切にする企業へ

 



 SFJは、医療機器メーカーとして約1世紀半の歴史を持つサクラ精機株式会社から分社し、生まれました。ゆえに、ここには老舗としての歴史と伝統、そして新会社としての若さと活力が融合するかたちで共存しています。この新旧の調和こそが、SFJの企業としての幅広さと躍動感を培っていると考えています。
 


 急激で鮮やかな変化、早い結果を得ること、それらは確かにダイナミックです。しかし、SFJの価値観においては、照準を遠方に合わせ、そこに向かって物事を一歩ずつ推し進めていくといった大河的な変革を、前者以上にダイナミックなものと捉えています。
 


 SFJには人を財産とし、個人と個人のつながりを大切にする企業文化が息づいています。それはお客様とのつながり、パートナー企業との協力、社内におけるチームワーク――そういったあらゆるものにつながっていく力となります。  SFJは、自分自身と同じくらい他者を大切にできる、思いやりと誠実さを持つことを求めています。それらの特質は、仕事というフィールドで多くの人と関わっていくとき、知識や技術に勝る力になると私たちは確信しています。
 


 人はいろいろな出会いの中から、本当に信頼できる友人を選び出します。 人材と企業の出会いも、それとよく似たものかもしれません。知識や技術も確かに重要ですが、何よりも「人(個人)」と「人(企業)」としての結びつきが大切です。  SFJは、人が企業を、企業が人を、それぞれが相互に選び選ばれるものと考えています。