サポート 学術 FAQ 標本道場 サクラ文書館 会社概要 商品説明 櫻倶楽部
 HOME > サクラ文書館 > Histo-Logic > Histo-Logic Fan > びょうりのバスケット


 当時ご執筆頂いたものから現在どう変わっているか、どういった技術が出来たかなど、病理の変化を示し、技術の進歩ならびに、新しい技術の紹介などをテーマに新たにご執筆頂いたものを当時のものと共にお届け致します。

「びょうりのバスケット」とは?
 1987年〜2002年発行され、これまでありがちだった、企業情報誌とは異なり、広告部分を省いた、学術的な読み物です。

 

 

●1991年新春号 Vol.5No.1 掲載より
「病理検査における機器の変遷」
社会保険中京病院 検査部病理 田村邦夫
[2006.11更新]


●1996年秋号 Vol.10No.3 掲載より
「病理医の質−情報化時代に向けて」
東海大学医学部副学部長・病理学 教授 長村義之
(現:東海大学医学部
   基盤診療学系長 病理診断学 教授)
[2006.12更新]


●1990年春号 Vol.4No.2 掲載より
「前立腺癌をめぐって」
東京大学医学部病理学教室 助教授 坂本穆彦
(現:杏林大学医学部病理学教室 教授)
[2006.12更新]



●1996年新春号 Vol.10No.1 掲載より
「病理への思い」
(株)ケーアイエー細胞病理研究所 石川喜美男 [2007.08更新]


●1990年秋号 Vol.4No.4 掲載より
「肝移植病理事始」
広島大学医学部第一病理 助教授 井藤久雄
(現:鳥取大学医学部
   基盤病態医学講座器官病理 教授)
[2007.09更新]



●1993年春号 Vol.7No.2 掲載より
「共焦点レーザ走査顕微鏡の病理学への
 応用」

京都府立医科大学第2病理学教室 高松哲郎
(現:京都府立医科大学大学院医学研究科
   細胞分子機能病理学)
[2007.12更新]



「病理検査における機器の変遷II」
社会保険中京病院 検査部病理 田村邦夫
[2006.11更新
]


「高度先進技術・情報化時代においての
 病理医を考える 」

東海大学医学部
基盤診療学系長 病理診断学 教授 長村義之
[2006.12更新
]

「ふたたび“前立腺癌をめぐって” 」
杏林大学医学部病理学教室 教授 坂本穆彦
[2006.12更新
]

「肝移植病理事始、再び」
鳥取大学医学部基盤病態医学講座器官病理 教授
井藤久雄
[2007.09更新
]

「光学顕微鏡の進歩
 −分子の観察から操作へ−」

京都府立医科大学大学院医学研究科
細胞分子機能病理学
高松哲郎
[2008.01更新
]